Leadership経営陣/アドバイザー

“先端テクノロジーを駆使しながら、
「人間らしさ」を大切に、
可能性が溢れる未来の実現を、
チームと一緒に挑戦しています。”

日常生活が大きく変わる中、今後もアバターというテクノロジーによって、距離や国境を超えた新しい出会いや可能性を飛躍的に拡大できると考えています。

多くのテクノロジーは機械的で人間らしさや温かさを感じにくいですが、アバターの場合は「人」が最も大切です。アバターは人に置き換わるものではなく、人を拡張させることができるので、人類に無限なポテンシャルを切り開く力を持つと考えます。そのため、avatarinの行動指針である「12 Be’s」の一番目に「Be Human」を設定しています。

avatarinのサービスを通して、さまざまな制限を乗り越え、誰もが自分の意思で行きたい場所へ自由に移動できることの楽しさを早く体験して頂きたいです。次の世代には、限界のない社会で誰もが大きな夢を追いかけることができる、そんな未来の実現に向けて、社員一人一人が一丸となって日々挑んでいます。

梶谷 ケビン

梶谷 ケビン

avatarin株式会社 代表取締役COO
2006年に、アメリカのボーイングに入社し、ボーイング787開発チームにて航空機の性能技術に関する業務を担当。2010年にANAに入社し、運航技術部にてボーイング787の導入支援業務を担う。2014年にデータベースマーケティング部に異動し、需要予測システムを設計。2016年にデジタルデザインラボに異動、新たなビジネスモデルの創造、エアライン初となるマイレージを活用したクラウドファンディングサービス「WonderFLY」などを発案しサービス化。2016年10月にXPRIZE財団主催の次期国際賞金レース設計コンテストに深堀昂と共に参加し、アバターロボットを活用して社会課題解決を図る「ANA AVATAR XPRIZE」のコンセプトをデザインしグランプリ受賞、2018年3月に開始し、グローバルなアバタームーブメントを牽引中。2018年9月、JAXAと共にアバターを活用した宇宙開発推進プログラム「AVATAR X」をリリース、2019年4月、アバター事業化を推進する組織「アバター準備室」を立ち上げ、2020年4月にANA発スタートアップ 「avatarin株式会社」を深堀昂と共に創業。2021年6月、avatarin社の事業モデルがハーバード・ビジネス・スクールの教材に選出。