ミッションミッション

当たり前の常識を上書きして「はたらく」をもっと楽しく「お金」をもっと便利に

アバターを、
すべての人の、新しい能力にすることで、
人類のあらゆる可能性を広げていく。

私たちavatarin(アバターイン)の使命は、
すべての人が、距離・時間・コスト・身体などあらゆる制限を超えて、
つながり合う未来を創造すること。

アバターは
新たな社会インフラへ

いままでの次元を超えた、新たな人々の移動手段や人間拡張手段として。
アバターを社会インフラとして広げていくことを目指しています。

パソコンやスマートフォンからアクセスできるプラットフォーム「avatarin」を通じて、アバターたちがあらゆる場所であらゆる役割を果たしてゆく。

コミュニケーション、ビジネス、教育や医療、エンターテインメントなど。たとえば、海外出張先から社内会議に参加したり、自宅にいながら百貨店でのショッピングを楽しんだり、病院のベッドから水族館を見学したり、へき地から役場の行政相談を受けたり、海外から日本のスポーツを観戦したりと、さまざまな可能性が拡がっていきます。

自分自身の「アバター(分身)」が、あらゆる場所で活躍できる。世界中に設置されたアバターで、宇宙へさえも瞬間移動できる、そんな社会の実現を目指しています。

アバターは新たな社会インフラへ
動画スタート

アバター社会の実現への
取り組み

距離的制限と身体的限界を超える体験を提供するため、さまざまな実証実験を行ってきました。

  • コロナウイルスの影響で外出を控える子供たちが沖縄美ら海水族館をアバターで見学

    Education

    外出が制限されていた子供たちのストレス軽減を図るため、児童クラブにおいて、アバターを活用した遠隔見学を提供。学校や教育機関と連携してアバターによる新たな教育体験を創出しました。

  • 加賀市の小学生がオンライン修学旅行でANAの総合トレーニングセンターを遠隔見学

    Event

    新型コロナウイルスの影響で修学旅行の実施が困難な中、「オンライン修学旅行」の一環として、加賀市の小学生がANA創業時のヘリコプターや整備士や客室乗務員が使う訓練施設などをアバターで見学しました。

  • 外出自粛が続く中、大分市商店街をアバターショッピングで活性化

    Shopping

    新型コロナウイルスの感染拡大による外出自粛が続く中、自宅から気軽に遠隔ショッピングができる実証実験を実施。売上の減少にあった嗜好品の酒、お茶、衣料品の3店舗で経済活性化対策としてアバターを活用しました。